画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

メインイメージ 推奨サイズW800×400px

設立の経緯

 当会は平成7年1月17日に発生した阪神淡路大震災の被災者であった故・岩瀧幸則氏(創設者・初代理事長)が設立しました。

 岩瀧氏は被災者の経験を通して震災予防対策の大切さを伝えるため全国を講演してまわり、その先進的な考え方が支持され、平成13年に静岡県を本部としてNPO法人が設立されました。

 当会はその活動が内閣府に認められ内閣府の認証を受けており、内閣府から地方自治体に権限が移譲されてからは和歌山県の認証を受けております。

 その後、東京都、大阪府、愛知県等に支部を設立しましたが、活動の中心であった岩瀧氏は平成22年に病で他界しました。

 平成16年に岩瀧氏の講演を聞いた臼井(現 理事長・本部長)は感銘を受け、岩瀧氏と交流を持ち、翌17年に和歌山県支部を設立。

その後、平成23年に本部を和歌山県に移転し、現在に至っております。

 

定款

震災から命を守る会の定款はこちら

故・岩瀧幸則(当会創設者・初代理事長)の紹介